打撲の治療

打撲はお酒・アルコールを飲むのはNGですか?

打撲はお酒・アルコールを飲むのはNGですか?

 

打撲が出ているときに、
お酒・アルコールは飲まないでください。

 

僕もお酒が大好きですが、
怪我をしているときは絶対に飲みません。

 

飲んでしまうと症状が悪化するので、
怪我をしている期間は飲まないようにしています。

 

 

打撲の症状がなかなか改善されない場合、
飲酒などの生活習慣が大きく関わってきます。

 

本当なら1週間で治るはずのものが、
2週間・3週間と長期化する事があります。

 

破壊された細胞は回復していきますが、
お酒を飲むことによって痛みを感じやすくなり、
痛みが強烈になってしまうんですね。

 

怪我そのものは治っているのに、
痛みを強く感じてしまうようになるんです。

 

 

お酒を飲むと、お酒が肝臓で分解されて、
不純物は排尿・排便・呼吸によって
外へどんどん出ていきます。

 

このとき発生する不純物の形が、
痛みを引き起こす成分の形と
ほぼ同じ形をしているんですね。

 

痛みを感じるセンサーに、
お酒を分解したときの不純物が刺さると、
強烈な痛みを引き起こすようになるんです。

 

 

お酒を飲むことで、
痛みのスイッチが入ります。

 

自動的に痛みが出てくるようになるので、
痛みを止めることが難しくなります。

 

習慣的に飲まれている方ほど、
気をつけないと痛みが抜けませんよ。

 

少し難しいかもしれませんが、
怪我の間は、要禁酒です。

打撲でお困りの方へ