打撲の治療

打撲でギプス固定することはありますか?

打撲でギプス固定することはありますか?

 

打撲の症状があまりにも強いと、
ギプス固定されることがありますよ。

 

打撲を回復させるというよりも、
打撲が強烈になってしまって
骨折になっているときに使用しますね。

 

僕の患者さんでも、
たまにギプス固定される方がいます。

 

 

完全に骨折状態になっているか、
どう考えてもまずい状態の打撲の場合、
ギプス固定が選択されるようになりますよ。

 

一般的なレベルの方に対しては、
使用されることはほとんどありません。

 

相当強い症状が出ている方で、
手術が必要なレベルの方に対して、
ギプス固定が行われます。

 

 

ギプスの他にシーネという
ギプスのような固めるものがあるのですが、
そちらは一般の患者さんに使用されることがあります。

 

取り外しのできるギプスのようなものですが、
あまりにも症状が激しく出ていて、
関節に痛みが出ている方に使用していきます。

 

接骨院では使用することがなく、
病院で使用していきます。

 

もし、シーネを装着された場合には、
基本的にははずさないようにしてください。

 

邪魔になる装具ですから、
取り外ししたくなるかもしれませんが、
回復スピードが急激に低下してしまいます。

 

打撲の症状は、
安静固定しておくことが、
治療の中で重要なポイントになります。

 

固定しないまま動かし続けていると、
症状がいつまでも出てくるようになるので、
くれぐれもご注意いただきたいと思います。

打撲でお困りの方へ