打撲の治療

打撲は超音波診断・エコーで診断できますか?

打撲は超音波診断・エコーで診断できますか?

 

打撲の患部を検査するのに、
超音波で検査することがあります。

 

超音波治療器という、
回復させる道具の他にも、
エコー診断用の超音波機械があります。

 

 

打撲している部分というのは、
何か患部にぶつかるわけですから、
患部が凹んでいることが多いです。

 

どのレベルまでダメージが入って、
どの部分まで凹んでいるかをチェックしないと、
症状を根本的に改善することが難しいんですね。

 

僕の接骨院にも超音波装置は置いてあって、
患者さんに対して使用しています。

 

産婦人科で使用するエコー診断と同じで、
カラダに負担をかけることなく
患部をチェックすることができます。

 

 

皮膚の部分だけ打撲しているケース、
筋肉までダメージが広がったケース、
骨まで痛みが出ているケースなど、

 

打撲には色々なパターンがあります。

 

骨までダメージが入っている場合、
骨折になっている可能性があるので、
整形外科へ通院してもらっています。

 

接骨院で応急処置はできますが、
応急処置以降の治療は
整形外科のお仕事になります。

 

 

最近の超音波装置は、
3Dで患者さんにも分かりやすく
患部の状況を伝えることができます。

 

目で見て理解していただけるので、
とても助かっています。

 

ダメージの状況を知ることは、
打撲の回復に必要となります。

打撲でお困りの方へ