打撲の治療

打撲にサポーター固定は効果的ですか?

打撲にサポーター固定は効果的ですか?

 

打撲の症状に対して、
サポーター固定は効果的ですよ。

 

筋肉を圧迫するタイプのものも良いですし、
関節を固定するものも重要ですね。

 

打撲の症状を回復するには、
圧迫固定することがもっとも重要です。

 

患部を圧迫固定して、
負担を避けることが必要です。

 

 

特にダメージの大きな打撲の場合には、
圧迫固定を行わなければ、
目に見えない傷がそのままになります。

 

皮膚の下で細胞がつぶされるのですが、
つぶされたまま回復しにくい状態になり、
痛みが出続けてしまう事が多いです。

 

 

プラモデルを接着剤でつなげるとき、
しばらく圧迫してあげますよね。

 

圧迫しないまま接着剤を使用すると、
重みで自然に剥がれ落ちてしまったり、
ポロンと取れてしまうことがあります。

 

あれと同じで、圧迫固定しないと、
患部の傷口がくっつきにくくなるんです。

 

見た目ではとても分かりにくいですが、
皮膚の下で回復しにくい状態になります。

 

 

出血や腫れの状態を考慮して、
サポーター固定を行う必要があります。

 

ときにはバンテージを利用して、
ぐいっと圧迫することも必要です。

 

RICE処置と呼ばれるアイシング方法で、
患部をしっかりと圧迫しながら
冷やしていくことも必要です。

 

サポーターで固定することも必要ですし、
その他の部分でも固定は重要になります。

打撲でお困りの方へ