打撲の治療

打撲で手術・入院することはありますか?

打撲で手術・入院することはありますか?

 

打撲の症状があまりにもキツイと、
入院することがありますよ。

 

すねの部分やふくらはぎを打撲すると、
コンパートメント症候群という
最悪の打撲症状が発生することがあります。

 

運動麻痺になってしまったり、
感覚が一切なくなるなどといった、
最悪の症状が発生することがあります。

 

このような場合には、
緊急手術が必要になり、
同時に入院が必要になります。

 

 

打撲でも、入院や手術が必要になるレベルの、
非常に強い症状のものがあるんです。

 

信じられない方もいるかもしれませんが、
緊急手術が必要な場合もありますし、
命に関わる打撲もあったりします。

 

打撲がきっかけで血管にダメージが入り、
心不全などで無くなるケースもあります。

 

信じられませんが、
実際に起こるものです。

 

 

「ほんとうに必要なのかな??」と
感じてしまう方もいるかもしれません。

 

もしかしたら、
この記事を読んでくれているということは、
お医者さんに入院を勧められた方かもしれません。

 

お医者さんは、簡単に入院は勧めませんし、
どちらかというと外来の治療だけで
治療を完了させたい方が多いです。

 

でも、それでも入院を勧められた場合は、
間違いなく入院が必要なレベルだと思いますから、
しっかりと治療を受けるようにしてくださいね。

 

打撲だと思って放置したり、
治療を受けないままでいたりすると、
間違いなく一生後悔することになりますよ。

打撲でお困りの方へ