打撲の治療

打撲はMRIで診断できますか?

打撲はMRIで診断できますか?

 

打撲はMRIで診断されるケースが有りますよ。

 

レントゲンやCTチェックよりも、
より分かりやすくチェックできると思います。

 

患部を輪切りにしてチェックできるので、
どれくらい深くまでダメージが入っているのか、
どの部分が壊されているのかをチェックできます。

 

交通事故の患者さんや、
スポーツで大ダメージになっている方など、
大怪我の打撲患者さんが使用されることが多いです。

 

 

打撲そのものをチェックするというよりも、
内臓の状態をチェックしたり、
脳やその他の器官のチェックが多いです。

 

僕の患者さんの中では、
アキレス腱部分にボールがぶつかり、
MRIでチェックされた方がいらっしゃいます。

 

どうみてもアキレス腱断裂になっていて、
打撲の症状も同時に発生していたので、
病院を紹介させていただきました。

 

レントゲン撮影・触診のあと、
より細かくチェックするために
MRIで検査を受けられました。

 

やはりアキレス腱断裂になっていて、
打撲と同時に治療する必要がありました。

 

 

大ダメージの患者さんほど、
MRIが使用されると思います。

 

一般レベルの患者さんというか、
普通の打撲の患者さんの場合には、
まず使用されるケースはないと思います。

 

お金儲け主義の個人病院だと、
もしかしたらやってしまうかもしれませんが、
基本的にはMRIチェックは必要ないと思います。

 

誰がどう見ても大怪我の場合、
意識不明の場合などには、
MRIが使用されることがありますよ。

打撲でお困りの方へ