打撲の治療

打撲は寝相の悪さと関係ありますか?

打撲は寝相の悪さと関係ありますか?

 

寝相が悪いということは、
良い生理現象のひとつですから、
気にする必要はまったくありませんよ。

 

寝相が「悪い」と書かれてしまうので、
何か「悪いこと」だと勘違いされています。

 

でも、実際に寝相が悪いことは、
カラダにとって「優良」なことです。

 

 

寝相が悪いということは、
寝返りをうちすぎる状態です。

 

ゴロゴロと転がり続けてしまって、
お布団やベッドからはみ出すこともありますね。

 

そもそも寝返りというのは、
寝ている間に発生してしまった
汗や痛みの成分を外へ放出する動きです。

 

じっと寝続けたままの状態だと、
汗や熱がどんどん溜まり続けてしまいます。

 

汗や熱が溜まり続けてしまうと、
その部分に痛みが引き起こされるんですね。

 

回復能力が低下する原因にもなりますし、
痛みが増加する原因にもなります。

 

 

寝相が悪いということは、
こうした上記のことを防ぐことになります。

 

打撲などの打撲が発生していた場合、
その回復を手助けする動きになります。

 

痛みが強く出ている患者さんほど、
寝返りをうつことがありますが、
心配しないでくださいね。

 

あまりにも痛みが強い場合には、
痛みで寝返りをうつこともできませんが、
こちらの場合も心配しないでください。

 

寝返りをうてなかったからといって、
急激に症状が悪化するわけではありません。

打撲でお困りの方へ