打撲の治療

打撲は生まれつきも関係ありますか?

打撲は生まれつきも関係ありますか?

 

僕は長いこと治療家を行なっていますが、
打撲と生まれつきのものが
関係していることは無いと思います。

 

生まれつきバランスが崩れていて、
尻もちや転倒をしやすい場合は、
背中や腰などを打撲することはあります。

 

また、弱視など視力障害で、
ぶつけてしまうこともありますね。

 

 

でも基本的には、
生まれつき何かがあるからといって、
打撲が急激に増えることは少ないと思います。

 

また生まれつきの変形などによって、
打撲の症状が悪化することも
ほとんど無いと考えています。

 

もしかしたら僕が今までに診させていただいた、
十数万人の患者さん以外の方の中には、
関係している人がいるのかもしれません。

 

二十数年、治療家を行なってきましたが、
今後、もしかしたら出会うのかもしれません。

 

でも、今までの経験上から言えるのは、
生まれつきの「何か」とは、
打撲は関係ないことが多いですよ。

 

 

人間の脳みそというのは、
何かしら原因付けするようになります。

 

原因不明と言われてしまっても、
脳は納得いかないことが多いので、
「生まれつき」という感情を
呼び起こすことがあります。

 

決して悪いことではありませんが、
治療の邪魔になるのは間違いありません。

 

思い込みの強い患者さんほど、
その思考が治療の邪魔になります。

 

「生まれつき」という過去に縛られると、
治せるものも治療不可能になりますよ。

打撲でお困りの方へ