打撲の治療

打撲は日常生活で発生しますか?

打撲は日常生活で発生しますか?

 

打撲は日常生活の中で発生しますね。

 

日常生活の中で発生するからといって、
低レベルな打撲とは限りませんよ。

 

注意してくださいね。

 

 

患者さんの中には、
「スポーツで起こる怪我=大きい怪我」
「日常生活で起こる怪我=小さな怪我」
と勘違いされている方がいらっしゃいます。

 

スポーツで発生したものであっても、
日常生活で発生したものであっても、
あまり症状は変化しません。

 

スポーツの内容によっては、
非常に小さな怪我の場合もありますし、
激痛を伴う大怪我の場合もあったりします。

 

日常生活で発生するものも、
小さな怪我のものもあれば、
大怪我のものも存在します。

 

日常生活だからといって、
症状が低いわけでは決してありません。

 

 

日常生活で発生した打撲こそ、
しっかりとした治療を受けてくださいね。

 

軽めの症状だと思っていても、
実際には深部まで症状が広がっていて、
何度も再発するケースもありますよ。

 

気をつけなければ慢性化するので、
できるだけ初期の段階で、
治療を受けるようにしてください。

 

怪我には大小様々なものがありますが、
どの怪我もしっかり改善する必要があります。

 

本当に回復力が高いのは、
中学生以下のお子さんだけです。

 

それ以上になると、回復力は
徐々に下がっていくことが多いので、
適切な治療が必要になってきますよ。

打撲でお困りの方へ