打撲の治療

打撲はデスクワークと関係ありますか?

打撲はデスクワークと関係ありますか?

 

デスクワークは打撲の回復を妨げる、
非常に厄介な動きになりますよ。

 

デスクワークが打撲の邪魔になるなんて、
想像することができないかもしれません。

 

 

デスクワークは、長時間にわたって、
座り続けながらパソコンや事務作業を行いますね。

 

長時間、同じ姿勢でじっとしながら、
作業をし続ける動きになります。

 

実は、姿勢を固定する筋肉があって、
長時間同じ姿勢をし続けていると、
筋肉にどんどん負担が入っていきます。

 

何も動かしていないはずなのに、
知らないうちにダメージが蓄積します。

 

デスクワークで、肩こりや
腰痛が発生することがありますが、
あれは、ダメージの蓄積によるものです。

 

全身の筋肉が固まりやすくなって、
症状が出てくることがあります。

 

 

打撲は筋肉が破壊されやすい怪我なので、
筋肉にダメージが入ってしまうと、
なかなか回復しにくくなります。

 

目に見ることができない、
デスクワークのダメージによって、
打撲の回復が遅くなることがあります。

 

 

デスクワークを行なっている方は、
できれば、1時間に1回程度、
動くようにして欲しいですね。

 

もし出来るようであれば、
ポモドーロテクニックなどを活用して、
心身ともにリラックスさせてほしいです。

 

ポモドーロテクニックは、
医学的にも有効なものだと思いますし、
怪我の回復にも適している考えだと思います。

打撲でお困りの方へ