打撲の治療

打撲は家事と関係ありますか?

打撲は家事と関係ありますか?

 

打撲は家事によって
悪化するケースがありますから、
気をつけて頂きたいと思います。

 

そもそも打撲が、
家事の中で発生することもありますね。

 

日常生活の中で、
ふとした拍子にぶつけてしまうので、
突然、打撲が発生することがあります。

 

 

「大丈夫かな??」と思って、
そのまま家事を行い続けていると、
症状が悪化するケースがありますよ。

 

専業主婦の患者さんたちの中でも、
症状を悪化させて来院されるケースがあります。

 

 

特に注意していただきたいのが、
お風呂掃除と洗濯物を下ろす動きです。

 

どちらもカラダにかなり負担が入るので、
打撲が悪化するケースがあります。

 

極端に行わなければ問題無いですが、
何度も繰り返しているうちに
症状が悪化するケースがありますよ。

 

特に、下半身に打撲が発生した場合、
下半身全体にダメージが入ってしまって、
症状がなかなか抜け切らない場合が出てきます。

 

太ももやスネなどの怪我が、
家事によって治らないというケースが、
意外とあったりするものなんですね。

 

 

お風呂掃除も洗濯物を動かす動きも、
どちらも腰回りに負担が入りやすいです。

 

しかもバランスが不安定になっているので、
足全体に負担が入りやすくなります。

 

気をつけないと負担が加わり続けて、
打撲の症状がいつまでも改善されない原因になります。

打撲でお困りの方へ