打撲の治療

打撲は寒さと関係ありますか?

打撲は寒さと関係ありますか?

 

打撲の症状は寒さによって
悪化するケースが非常に多いです。

 

僕も数々の怪我をしていて、
足の甲を思いきり打撲した事があります。

 

自分自身で治療を行ったのですが、
それでも3週間くらいかかりましたから、
非常に強い打撲の症状だったと思います。

 

そのときは、あまり感じませんでしたが、
年月を重ねて最近になってから、
寒い日に痛むんです(-_-;)

 

 

患部が冷えてしまうと、
ズキズキと痛みが出てきます。

 

これは、痛みを感じる神経と、
冷えを感じる神経が非常に近くに存在していて、
痛みと冷えを両方同時に感じることが多いからです。

 

痛みを感じるセンサーと、
冷たい・温かいと感じるセンサーは、
まったく別のものがくっついているんですね。

 

その中でも痛みと冷えのセンサーは、
非常に構造も似ているものですし、
場所も近くにくっついています。

 

だから、冷えが入ることによって、
同時に痛みが出てしまうことがあるんです。

 

 

急激な症状が出ている場合は別ですが、
ある程度、症状が落ち着いている場合には、
温めてあげると回復するようになりますよ。

 

できれば、お風呂に入るようにして、
お風呂の水圧でマッサージしながら温めると、
間違いなく治療効果が出てくるようになります。

 

ホッカイロでもある程度、効果はありますが、
それよりも入浴することをオススメします。

 

サウナだと、あまり効果が実感できないので、
やはりお風呂の中に入ると良いですよ。

打撲でお困りの方へ