打撲の治療

打撲は子供に発生しますか?

打撲は子供に発生しますか?

 

打撲は子供に発生することがありますが、
とても注意が必要になりますよ。

 

子供のほうが大人よりも骨が薄く、
柔らかい感じになっています。

 

普通の打撲だと思っていたら、
実際には骨が凹んで骨折になっていた、
という事例もいくつかありました。

 

大人よりも柔らかいことがアダになり、
逆に骨折してしまうようになるんですね。

 

全員に発生するわけでは決してありませんが、
本当に注意してみていかないと、
症状が思い切り出てしまうことがあります。

 

 

打撲直後の状態というのは、
骨折しているかどうか正直わかりません。

 

レントゲン撮影を行なったとしても、
骨折している部分が映らないケースもあるので、
本当に注意が必要になるんです。

 

子供の場合ほど、大きな怪我になる、
ということを頭の中に入れておいてください。

 

子供のほうが症状が大きくなるので、
保護者の方は本当に注意してください。

 

 

回復能力そのものは子供のほうが上ですが、
痛みを感じる度合いや怪我の大きさも、
大人より上になるケースが多いです。

 

僕には子供がいないので分かりませんが、
「子供の痛み=痛くない」と思い込んでいる
保護者の方も少なからずいらっしゃると思います。

 

スポーツのコーチなどは、
特にこの傾向にありますね。

 

気をつけないと慢性化する可能性もありますし、
冒頭の通り骨折しているケースもあるので、
注意が必要になりますよ。

 

悪化してからでは遅いです。

打撲でお困りの方へ