打撲の治療

打撲は押しても痛くないことはありますか?

打撲は押しても痛くないことはありますか?

 

打撲の症状の一つに、
押すと痛みが出るものがあります。

 

基本的には、押すと痛みが出るようになって、
激痛で来院されるケースがほとんどです。

 

 

でも、一方で、押してもまったく痛みがなく、
動かすときに痛みが出るというケースもあります。

 

とても珍しい症状だと感じているのですが、
実際に数十例、そのような患者さんが
実際に来院されたことがあります。

 

どう見ても膨らんているのに、
どう見ても内出血状態なのに、
触っても痛くないという珍しいケースです。

 

 

この場合、本当に痛みが出ていないケースと、
神経にダメージが入ってしまって、
痛みを感じていないケースにわかれています。

 

触ってみて感覚があれば問題無いですが、
触られている感覚すら無いケースが有るんですね。

 

この場合は、神経障害が発生していて、
骨折などの可能性も高くなりますから、
早急に医療機関を受診してください。

 

整形外科か外科を受診して、
適切な医療を受けるようにしてください。

 

 

ある程度期間が経過していて、
触っても痛くないという場合であっても、
感覚がない場合には病院を受診してください。

 

感覚異常・神経麻痺等が発生して、
間違いなく問題のある状態です。

 

神経障害は接骨院や治療院では、
治療することが不可能な状態ですから、
必ず整形外科等を受診してくださいね。

打撲でお困りの方へ