打撲の治療

打撲は骨が出てきますか?

打撲は骨が出てきますか?

 

打撲の症状を放置していると、
骨が出てきてしまうことがあります。

 

ボコンと膨らんでくるようになり、
痛みが出てくることもありますよ。

 

 

骨が膨らんでいる途中の場合は、
治療を行うことで骨が凹んで
元通りになることもあります。

 

骨が膨らんでいるというより、
骨周辺の組織が膨らんでいる状態です。

 

骨周辺の組織を治療することで、
元通りになることは多いです。

 

超音波治療を行ったり、
バンテージでの圧迫を行うことで、
膨らみを改善することができますよ。

 

 

気をつけなければならないのが、
骨打撲という怪我が発生した場合です。

 

骨そのものを打撲してしまって、
骨が膨らんでしまうものです。

 

こちらになってしまった場合は、
骨が膨らんでいる途中で
しっかりと治療する必要があります。

 

一般的な打撲と異なり、
骨打撲の場合は、骨が固定されると、
そのままふくらんだ状態になります。

 

Jリーガーやラガーマンの患者さんたちは、
スネがボコボコになっているのですが、
骨打撲によって骨が変形しているんですね。

 

 

骨の変形が発生した場合は、
そのまま膨らんだままになることもあります。

 

何を行っても凹まなくなり、
凹ませるのであれば手術が必要になる、
といったケースもあるんですね。

 

放置してしまった患者さんほど、
骨の膨らみを改善するのは
非常に難しくなってしまいます。

 

後悔しないためにも、
治療は受けておいてくださいね。

打撲でお困りの方へ