打撲の治療

打撲は再発・癖になりますか?

打撲は再発・癖になりますか?

 

打撲は再発することがありますよ。

 

再発というよりも、
痛みが何度か繰り返すことがあります。

 

 

同じ箇所を同じように打撲した場合は、
当然、同じような症状が出てきます。

 

そういうタイプのものではなくて、
打撲の症状が改善したはずなのに、
また痛みが出てくることがあるんですね。

 

見た目はかなり改善されているはずなのに、
痛みだけが出てきてしまうような、
非常に厄介な状態に陥ることがあります。

 

適切な治療を受けることができた方は、
ほとんど再発することはありません。

 

でも湿布だけ貼り付けていたり、
飲み薬だけ飲んでいた場合には、
症状が再発することがありますよ。

 

患者さんで何百名も、
そういった方を診てきました。

 

 

症状だけを改善する治療と、
原因を改善する治療、
この二種類が医学には存在します。

 

西洋医学だと症状だけに
ターゲットが絞られていますから、
気をつけないと原因が残存するんですね。

 

痛みのもとを改善すれば、
症状が再発する可能性は低くなります。

 

でも、湿布や飲み薬だけで、
他の治療を受けなかった場合には、
原因が残ってしまうことが多いんです。

 

 

打撲の場合は、超音波治療を受けることと、
神経症状が出ていなければ、
患部を圧迫することが重要です。

 

特に症状が大きな患者さんほど、
適切な治療を受けなければ、
いつまでも痛みが残り続けます。

 

「放っておけば治ると思った」
という患者さんの声を何度も僕は聞いています。

 

打撲ぐらいのレベルの怪我だと、
勝手に治るものだと思いがちですが、
本当は治療が必要になる大きな怪我なんです。

 

もし治療を受けていない方は、
まずは治療を受けるようにしてくださいね。

打撲でお困りの方へ