打撲の治療

打撲は慢性化することはありますか?

打撲は慢性化することはありますか?

 

打撲の症状は慢性化することがあります。

 

はじめに、打撲は簡単な怪我ではありません。

 

打撲に対するイメージを、
大きく変えていただきたいと思います。

 

僕は、骨折や脱臼より、
重度の打撲のほうが治しにくいと思っています。

 

骨折や脱臼後の施術を、
病院から委託されることもありますし、
打撲の患者さんを紹介されることもあります。

 

骨折や脱臼に対する治療は、
意外とスピーディに行うことができ、
動きも回復できることが多いです。

 

一方で、打撲で発生するダメージのほうが、
患者さん側も軽い怪我だと思っている方が多く、
アドバイスをしっかり聞いてもらえない場合があります。

 

「どうせ打撲なんでしょ??」と、
率直に言われるケースもあったりします。

 

そうした勘違いが、
患者さんの慢性化を引き起こしています。

 

 

打撲は慢性化する怪我です。

 

慢性化しますから、
しっかりと治療を受けるようにして、
原因部分をしっかりと取り除く必要があります。

 

打撲した部分の芯の部分に、
コリのような塊が出来上がります。

 

この芯の部分までしっかり取り除かないと、
いつまでも痛みが出てくるようになりますし、
何度も症状が出てくるようになるんですね。

 

痛みだけではなく、
動くの悪さやしびれといった
重度の症状も出てくるようになります。

 

しっかりと治療を受けることができれば、
慢性化することは少ないですよ。

打撲でお困りの方へ