打撲の治療

打撲は眠れないことと関係ありますか?

打撲は眠れないことと関係ありますか?

 

打撲の症状が強すぎて眠れない場合、
まずはコンパートメント症候群ではないかを、
病院で検査してもらってくださいね。

 

打撲の症状が強すぎて、
麻痺を引き起こしてしまう怪我です。

 

基本的にはスネに発生することが多いですが、
全身どの部分にも発生することがあるので、
激痛で眠れない場合は要注意です。

 

 

初期症状を通り越して、
ある程度、期間が経過しても眠れない場合は、
神経的な問題が発生している可能性があります。

 

精神面・心理面という意味ではなくて、
神経にダメージが入っている可能性があります。

 

ストレスなどの意味ではなく、
肉体的に神経にダメージが入っています。

 

神経にもいろいろな種類があって、
打撲の場合は細かい神経に刺激が加わり、
鋭い痛みが出てくることがとても多いですよ。

 

細かい神経にダメージが入るほど、
眠れなくなるくらい鋭い痛みになります。

 

 

この場合、我慢し続けるのではなくて、
飲み薬を利用すると良いですよ。

 

湿布薬だとあまり効果が出にくいので、
飲み薬を飲むようにしてくださいね。

 

痛み止めで痛みを止めて、
眠れるようにすることが重要です。

 

眠っている間に、僕たちのカラダは
修復されるような仕組みになっています。

 

眠ることができていないと、
回復能力が急激に低下してしまい、
なかなか打撲から回復しにくくなります。

 

回復能力を高めるようにするためにも、
眠れるための対策をとってくださいね。

打撲でお困りの方へ