打撲の治療

打撲は夜間の痛みと関係ありますか?

打撲は夜間の痛みと関係ありますか?

 

打撲の初期症状の一つに、
夜間痛がありますよ。

 

夜間に痛みが出ている場合、
必ず病院を受診してください。

 

夜寝ることができないくらい痛みが出る場合、
間違いなく症状がまずい状態ですから、
救急病院等を受診してください。

 

 

特に足のスネを打撲した場合、
コンパートメント症候群と呼ばれる
最悪の怪我になっている可能性があります。

 

僕も過去に数例の患者さんを診させていただきましたが、
すぐに整形外科へ転院してもらうようにしました。

 

打撲の中でも最悪の怪我で、
足が麻痺する可能性がある怪我です。

 

皮膚の下に水分や血液が溜まりすぎて、
筋肉や血管・神経を圧迫するようになり、
神経が麻痺してしまうようになるんですね。

 

 

ただ単にしびれるのではなくて、
完全に麻痺してしまうようになります。

 

動かせなくなります。

 

筋肉がダランとなってしまって、
まったく立ち上がることもできなくなり、
信じられないような症状が出てきます。

 

打撲発生から数時間経過すると、
突然、激痛と発熱などが出てきて、
非常に強い症状が出てきます。

 

夕方くらいに打撲した場合には、
夜間に激痛になるので要注意です。

 

朝まで放置していると、
もしかしたら麻痺する可能性もあるので、
必ず病院をすぐに受診してくださいね。

 

整形外科・外科のいずれかがベストですが、
もしやっていなければ救急病院を受診してください。

 

命に関わる怪我ではありませんが、
一生に関わる大きな怪我ですから、
十分に注意していただきたいと思います。

 

打撲を軽い怪我だと思っている方が多いですが、
ただの認識間違いです。打撲は、かなり症状は強いです。

打撲でお困りの方へ