打撲の治療

打撲とロードバイクは関係ありますか?

打撲とロードバイクは関係ありますか?

 

下半身の打撲が出ている時、
ロードバイクは行わないほうが良いです。

 

痛みが強くなりすぎてしまって、
慢性化する恐れがありますから、
気をつけていただきたいと思います。

 

繰り返し細かい負担が入り、
症状が出続けることがあります。

 

 

上半身を打撲したとしても、
長時間、同じ姿勢で動くスポーツですから、
上半身にも負担が入りやすくなりますよ。

 

上半身の打撲がいつまでも治らない、
という結果に繋がることもあります。

 

なかなか改善されない患者さんの中に、
自転車が原因となって、
回復が遅れているケースもあります。

 

短い時間であれば問題無いですが、
長時間にわたって自転車にのるのは、
打撲患者さんには適していませんよ。

 

 

競輪選手のように、
大会の中で転倒してしまって、
全身を打撲するケースもありますね。

 

この場合は、痛みが出ている部分だけでなく、
全身の治療を行う必要があります。

 

痛みが出ている部分だけではなくて、
痛みの影響が広がっていって、
症状が出ている所を改善する必要があります。

 

関係なさそうな症状であっても、
全身に症状が広がることも多いです。

 

全身症状が出ている患者さんは、
全身の治療が必要になります。

 

適切な治療を受けるようにして、
早期回復することをお勧めいたします。

打撲でお困りの方へ