打撲の治療

打撲は冷やすor温めるどちらが効果的ですか?

打撲は冷やすor温めるどちらが効果的ですか?

 

打撲が発生した直後は、
冷やすようにしてくださいね。

 

患部がグシャっとつぶれていて、
血管やリンパ管が破壊されてしまいます。

 

血管やリンパ管が破壊されれば、
そこから血液や水分がどんどん出てきて、
健康な細胞の周辺まで広がっていきます。

 

健康な細胞が血液などに圧迫されると、
本来は痛みが出ていないはずなのに、
一気に痛みが出てきてしまうんですね。

 

関係ない部分のはずなのに、
痛みを感じるようになってしまうんです。

 

 

冷やすことによって、
傷口をギュッと引き締めて、
患部の治りを早くすることができます。

 

いきなりオフロに入ってしまう方がいますが、
ほぼ悪化させる原因になりますね。

 

冷やすことと温めること、
とても使い分けが難しいですが、
最初は「冷やす」と覚えておいてください。

 

 

患部の炎症が治まってきたら、
温めるほうが有効なのですが、
わからなければそのまま冷やしてもOKです。

 

僕が推奨している方法は温める方法で、
血行の改善を図るスタイルになります。

 

でも一方で、別の医学の考え方で、
さらに冷やすことによって細胞を活性化させて、
回復スピードが高まるというものがあります。

 

どちらの考え方も正しいものですから、
わからなければ、冷やし続けるのもOKです。

 

最初から温めるのだけ避ければ、
あとはどちらでも構いません。

打撲でお困りの方へ