打撲の治療

打撲はどれくらい運動を休む安静期間が必要ですか?

打撲はどれくらい運動を休む安静期間が必要ですか?

 

打撲が出ている場合には、
症状が軽い場合は3日程度、
症状が重い場合は2週間程度、
安静期間が必要になると思います。

 

僕のところで治療する患者さんの平均値は、
4.6日といったところになっています。

 

僕のところには症状がきつくて、
治りが悪い患者さんが紹介されて来院されるので、
上記のような数値になっています。

 

もう少し症状が軽い患者さんばかりなら、
期間は短くなると思います。

 

あくまでもデータ上の話ですから、
患者さんの症状に応じて
データが変化するようになります。

 

 

覚えておいていただきたいのが、
打撲の症状は段階的には下がりません。

 

ある一定期間、痛みが出続けるようになり、
ある日突然、急激に痛みが下がります。

 

治療二日目は症状に変化が無いのに、
三日目になったら思い切り下がる、
このようなパターンになっています。

 

徐々に下がっていくのではなくて、
一気に下がっていきます。

 

10日目まで激痛だったのに、
11日目には症状が出ていない、
というケースも非常に多いです。

 

 

治療家が触ってチェックすれば、
どのようになっているかは分かります。

 

どれくらいの期間で治るかは、
腕の良い治療家であれば、
触れば簡単にわかることが多いです。

 

最低でも10万回ほど治療経験があって、
怪我の治療が得意な先生の場合ですが。

 

疲労や肩こりなど、
微妙な症状が得意な方は、
わからないケースもあったりします。

打撲でお困りの方へ