打撲の治療

打撲はしびれが発生しますか?

打撲はしびれが発生しますか?

 

打撲の症状が拡大し過ぎると、
しびれが発生するようになります。

 

もし打撲直後にしびれが発生している場合、
必ず病院を受診してください。

 

急激に症状が悪化して、
完全に運動麻痺になってしまったり、
足などが機能不全になることもあります。

 

動かせなくなってしまったり、
力が完全に抜けてしまうこともあるんです。

 

文章に書き出すと難しいのですが、
普通レベルのしびれではないものが発生すると、
一生レベルの機能障害が発生することがあります。

 

 

打撲の発生から、
ある程度経過してから症状が出た場合は、
筋肉が固まったり血腫ができている可能性があります。

 

たんこぶ状のものが発生していて、
神経が圧迫されている可能性があります。

 

ボコンと膨らんでしまって、
神経が圧迫されるようになると、
しびれが突然出てくるようになります。

 

こちらの場合は、たんこぶを改善して、
しびれの根本を修復する必要があります。

 

超音波治療で改善することもありますし、
病院などで注射器で血を抜くこともあります。

 

 

しびれは、あまりよい症状ではありません。

 

打撲以外の患者さんであっても、
しびれが出ている場合は注意が必要です。

 

簡単なしびれであれば問題無いですが、
病気によって発生することもありますし、
脳にダメージが入っている可能性もあります。

 

ウイルス感染や細菌感染など、
感染症になっている可能性もあります。

 

さまざまな原因が考えられるので、
しっかりと治療を受けてくださいね。

打撲でお困りの方へ