打撲の治療

打撲はボキボキと関節が鳴りますか?

打撲はボキボキと関節が鳴りますか?

 

打撲の症状が拡大してしまうと、
関節の音が鳴るようになります。

 

ぶつけた箇所にもよるのですが、
筋肉に負担が入ってしまい、
関節の動きが悪くなることがあります。

 

動きが制限されるというか、
動かしにくい状態になります。

 

動かすことが困難になってしまって、
思い切り動かすようになると、
自然に負担が蓄積していきます。

 

 

初期は関節の音は鳴りにくいですが、
しばらく放置していると、
音が鳴ることがあります。

 

あまり良い状態ではありませんから、
しっかりと改善する必要がありますよ。

 

ちょっとした打撲では発生することはなく、
症状が重たい感じの症状になるほど
関節の負担は大きくなってきます。

 

放置しておいても問題無いですが、
関節の動きは改善する必要があります。

 

関節の動きを改善しておかなければ、
間違いなく別の箇所にも負担が入り、
まったく異なる怪我も発生するようになります。

 

 

スネを打撲したのに腰痛や坐骨神経痛が、
腕を打撲したのに首の痛みや肩こりが、
といった感じで発生するようになります。

 

打撲している部分だけでなく、
その周辺まで治療を受けると良いですよ。

 

負担が強くなっている患者さんほど、
症状が重たくなっている患者さんほど、
さまざまな部分に痛みが広がってしまいます。

打撲でお困りの方へ