打撲の治療

打撲はむくみ・腫れますか?

打撲はむくみ・腫れますか?

 

打撲の症状が激しくなりすぎると、
むくみや腫れが出てくることがあります。

 

軽めの打撲であれば、
そこまで強い症状は出てきません。

 

ある程度強くぶつけてしまって、
細胞が破壊されてしまったときに
むくみや腫れが出てくるようになります。

 

細胞がぐしゃっと潰れて、
内部から水分や血液が出てきます。

 

血管も破壊されてしまうことが多く、
内出血なども引き起こされるようになります。

 

 

一般的な症状ではありませんから、
しっかりとした対処が必要になります。

 

アイシングを行うのはもちろんのこと、
患部をバンテージで圧迫するようにしたり、
負担が入っている他の箇所を治療することも必要です。

 

打撲の部分だけを治療しても、
むくみタイプの患者さんは
あまり変化が起こらないことが多いです。

 

たとえば、スネをぶつけた場合には、
スネやふくらはぎ全体がむくむようになります。

 

このとき、スネだけを治療していても、
あまり症状に変化が見られません。

 

むくみが広がっていったスネだったり、
太ももや腰などの筋肉の治療も
同時に必要になってきますよ。

 

打撲は症状が広がりやすいのが特徴なので、
症状の拡散を防ぐのと同時に、
広がってしまった症状を回復する必要がありますよ。

打撲でお困りの方へ