打撲の治療

打撲は一生治らない・完治しないのですか?

打撲は一生治らない・完治しないのですか?

 

打撲は一生治らないということはありません。

 

しっかりと治療を受けていれば、
適切な治療を受けることができれば、
ほとんどのケースで改善されていきます。

 

でも、湿布を貼り付けるだけだったり、
放置しているような状態ですと、
症状が残り続けてしまうこともあります。

 

打撲というと軽めの怪我に感じますが、
非常に強い症状であることを覚えておいてくださいね。

 

 

どういう理由かは分かりませんが、
打撲やねんざは軽く感じられています。

 

思い切り膨らんでいて、
痛みが強い症状になっているのに
「打撲」と伝えるだけで軽く見られます。

 

決して軽いけがではありませんから、
必ず治療を受けるようにしてください。

 

何ヶ月も症状が残ってしまったり、
何年も残り続けてしまう方もいます。

 

 

さらに打撲だと思っていたものが、
骨挫傷(こつざしょう)という
骨のダメージだったというケースもあります。

 

骨が凹んでしまう、
骨折の一部のような怪我です。

 

打撲と同じように何かがぶつかり、
骨が変形してしまうんですね。

 

見た目は普通の打撲なのですが、
レントゲンにも映らないこともあり、
非常に厄介な怪我だとされています。

 

怪我した直後に激痛があって、
レントゲンで撮影しても問題が無いのに、
あとから撮影したら骨挫傷だったということもあります。

 

 

骨折と同等レベルの怪我になるので、
必ず治療・固定が必要になる怪我です。

 

打撲の中にも種類がたくさんあるので、
放置するのは絶対に避けてくださいね。

打撲でお困りの方へ