打撲の治療

打撲は雨と関係ありますか?

打撲は雨と関係ありますか?

 

雨が発生すると、
打撲の症状がきつくなります。

 

雨が降っているときは
あまり症状が変化することはありません。

 

雨が降る前日だったり、
気圧が低くなってしまうときには、
痛みが激増することが多いです。

 

 

雨がきっかけになっていたくなるというより、
低気圧がきっかけになっているんです。

 

気圧というのは、空気の圧力です。

 

晴れている日は高気圧ですが、
空気の圧力がぐっと押しこむようになり、
僕たちのカラダをグイグイ押していきます。

 

雨の日やその前日は低気圧になるので、
空気の圧力が低くなります。

 

カラダを押し込むことが少なくなり、
見た目には分かりにくいですが、
カラダが膨張するようになるんですね。

 

見た目だけではなくて、
体の内部も膨張します。

 

 

打撲している部分の傷口だったり、
血管や負傷箇所も膨らむようになり、
患部がパンパンになってしまいます。

 

打撲している患者さんは、
気圧の変化によって患部がパンパンになり、
とても強い痛みが出てくることがありますよ。

 

信じられないくらい痛みが出ることもあり、
気をつけなければならない部分です。

 

打撲直後は炎症が起きているので、
必ずアイシングで圧迫してくださいね。

 

アイシングを行うことによって、
炎症が発生している部分を抑えることができ、
患部の状態を回復させることができますよ。

打撲でお困りの方へ