打撲の治療

打撲は運動してないのに発生しますか?

打撲は運動してないのに発生しますか?

 

打撲は運動していなくても
痛みが発生することがありますよ。

 

日常生活の中でぶつけてしまっても、
打撲は打撲です。

 

運動していなくても、
打撲の症状が悪化することで
痛みが出続けることがありますよ。

 

 

打撲は、一般的なイメージと異なり、
強烈な痛みを引き起こすようになります。

 

「打撲」と患者さんに説明すると、
簡単な症状だと思われがちです。

 

脱臼や骨折は「大きな怪我」だと思っていますが、
打撲は「軽めの怪我」だと思われがちです。

 

医療機関でも同様に考えられていて、
大きな打撲であったとしても治療されずに、
症状がどんどん悪化するケースすらあります。

 

 

打撲は、本当はとてつもなく強い症状の怪我です。

 

運動していないのに痛みが広がって、
強い症状すら出てくるようになります。

 

運動を行えば痛みが出るのは当然ですが、
打撲した部分が痛みの震源地のようになり、
じわじわと痛みが出続けるようになります。

 

火山が噴火してマグマが流れ続けるように、
痛みを感じる成分が出続けるようになります。

 

運動していなくても痛みが出ることは多いので、
しっかりと治療を受けるようにしてくださいね。

 

 

もし運動していないのに痛みが出ている場合、
アイシングをしっかりと行ってくださいね。

 

目に見えない部分が傷ついているので、
アイシングを行って患部を修復する必要があります。

打撲でお困りの方へ