打撲の治療

打撲はあざと関係ありますか?

打撲はあざと関係ありますか?

 

打撲はアザが出てきます。

 

症状の重さとは関係なくて、
あざが出ていても痛みが出なかったり、
激痛なのにアザが出ていない場合もあります。

 

怪我をした初日はアザが出ないのに、
数日経過したらアザが出現するというケースもあります。

 

いろいろなパターンがあるので、
患者さんごとに症状が変化します。

 

 

気をつけなければならないのが、
一般的なアザと、大きな症状として出る
内出血が異なることです。

 

僕たち治療家から見ればすぐにわかりますが、
患者さん側は見分けがつきにくいと思います。

 

青あざと呼ばれる青っぽいものと、
どす黒い色になる内出血に区別されます。

 

青あざの場合は気にしなくてもOKですが、
内出血が出ている場合には、
骨折の可能性もあるので要注意です。

 

骨の表面を包む膜が破壊されている可能性もありますし、
筋肉や健などの組織が壊れている可能性もあります。

 

いずれにしても、内出血が起きている場合、
間違いなく症状が強く出ているので、
適切な治療が必要になります。

 

 

「あざだから大丈夫」と言われた場合でも、
あまりにも激痛が出ている場合は要注意です。

 

特に、医学的知識が一切ない素人の方に
「大丈夫」と言われた場合は要注意です。

 

素人では見分けがつきません。

 

あざ・内出血が起こっている場合は、
必ず医療機関を受診してくださいね。

打撲でお困りの方へ