打撲の治療

打撲は両足の激痛と関係ありますか?

打撲は両足の激痛と関係ありますか?

 

 

打撲は両足の激痛が出ることがありますよ。

 

両足を打撲した場合は当然ですが、
両足を打撲していなかったとしても、
激痛が発生することがあります。

 

打撲というのは他の怪我と異なり、
症状を拡散させることが多いです。

 

他の部位にダメージを拡散してしまって、
強い症状を引き起こすことがあるんですね。

 

 

たとえば、太ももを打撲した場合、
太ももに痛みが出るだけではなくて、
膝やふくらはぎに痛みが出ることもあります。

 

腰を打撲するケースもありますが、
この場合は、背中に痛みが広がったり、
下半身全体に痛みが出ることもあります。

 

中にはしびれを発生させてしまうくらい、
強烈な痛みを引き起こすこともあります。

 

 

軽めの打撲であれば問題無いですが、
強い打撲が発生した場合、
組織がグシャグシャになります。

 

筋肉や関節を作っている組織が、
ぺしゃんこになって細胞が潰れて、
強烈な痛みを引き起こすようになります。

 

あまりにも細胞が潰されてしまうと、
強烈な痛みが拡散するようになるんですね。

 

ダメージがあまりにも大きすぎてしまって、
負担が全身に広がっていきます。

 

熱や内臓に影響が出ることもあるくらい、
打撲というのは重症度が高い怪我です。

 

 

患者さんの中でも重症度合いが高く、
さまざまな症状で困っている方が来院されます。

 

適切な治療をしっかり行えば、
打撲は間違いなく改善します。

 

栄養素をしっかりと補給しておけば、
打撲は間違いなくスピーディに改善します。

 

でもそうでないかぎりは、
症状が出続けることが多いです。

 

ご注意くださいね。

打撲でお困りの方へ